世界一位





女子高生の性病感染率が世界トップ タブー視されている日本の性教育 - ライブドアニュース

過去の日本性教育協会(JASE)の『若年者の性感染症の現状と予防』では、18~19歳の「クラミジア」女性陽性者数は13.4%と、世界トップレベルであることがわかっています。さらに、経験人数が5人以上の場合は、3人に1人が感染しているという衝撃的な調査結果も。
(教育機関に在籍する感染の症状がない一般学生1000名(高校生は5000名)の協力のもとで行っています)

「梅毒」も同じく、もともとは流行の中心は男性同性愛者だと言われてきたけれど、最近は異性間の性的接触による感染が増加し、特に若い女性の増加がかなり多いことが問題視されています。

2011年から5年間の間に、15~19歳の感染者は11人から76人に。20代は、49人から382人に増えていることが厚生労働省の調査で分かっています。

反応

こりゃアカン

人類の分岐点かも

当方の実家でも微塵も無かったですね(笑)これは親の責任が大きいでしょうね

日本では、性教育=恥 だからね。勉強できないよw

政府自らが蓋してるのに、無理でしょ!間違った知識は、命とりになる かも?親も恥ずかしがらずにおしえるべきでは? 性病で困るのは子供達

思っていたより多い。これは親の仕事なんだろうなぁ。