甘え方










反応

元カノに対して今までイラっとしてたのこれか!!ってスッキリしました。ありがとうございます!

これ創作にも言えて、同じストレス展開やヘタレ主人公でも「能力がなくて勝てない」、「能力がなくてヘタれてる」は許されやすいんだけど、「能力はあるクセにヘタれてる」になると、反感を買いやすくなる

物理的には逆立ちしても無理なときがあるが、精神的には本人を叩けば無理は無いと思っている。この前提のおかげで精神病は現代の公害

わかるううう。患者さんにも後者の人多くてイラッとする。「歩けない」なら手伝うけど、「歩きたくない」のは手伝いたくない

この物理的な甘えって別の話では甘えじゃなくて単なる依頼、本来の「甘え」ってのは自分でやれば出来るのにお願いすることで、専ら後者が甘えだと思ってる… それを受け入れられる心の調子次第だと思うんやけどな

なるほどね。前者は甘えじゃないって見方もあるね。ギャルゲ主人公が幼なじみルートに入ると障害者レベルに鈍感になるのと似ているのかな(違う)