40歳定年退職





「日本人に40歳定年の選択肢を」:日経ビジネスオンライン

東大・柳川範之教授インタビュー

(中略)

40歳定年説を提唱されています。どのような考えからなのでしょうか。
柳川:50~60歳代の人だけでなく、若手やミドルの人も次のキャリアについて考えるべき時代です。IT(情報技術)やAI(人工知能)の技術革新を受けて、働き手もスキルをバージョンアップしたり、全くこれまでとは違うスキルを身につけたりする事が当たり前になっていきます。

 かつては、入社後の20代の時期に一生懸命学んだスキルで一生食べていけました。しかし、今は社会に出て20年や30年ごとに、大きなスキルアップをする必要が出てきています。働き方や働く場所も変えて、何度もキャリアを転換する。「人生二毛作」や「三毛作」を考えても良い。ぴったり40歳でなくてもいいのですが、ある時期に改めて立ち止まって、皆がスキルアップに時間をかけられるような制度を作るべきだと考えています。誰だって会社を辞める自由はありますし、学校に行く自由もあります。一旦40歳で定年退職しましょうという風潮が仮に作れたら、多くの人が次のキャリアに向けたポジティブな準備へと移ることが可能だと考えました。

反応

大変残念ながら、全然響かない記事でした。 本気で言っているのだろうか。

(´-`).。oO( 「日本人は全員40歳で定年退職すればいい (ただし東大教授のオレ以外は)」的な… )

これもブーメラン案件。自分自身が54歳の国立大学法人のテニュアなのに…。自分自身は棚の上にあげてこの説を唱え続けるのは聞いていて気持ち良くないですね…

この方は40歳の時に東大助教授だったようだが、なぜ辞めなかったのだろうか。

タイトルは煽り入ってるけど、言ってる事はかなり大事。肌感覚では、大半のホワイトカラーは40歳超えると劣化するのよね。昔身につけたスキルと経験に執着して急速に劣化していく。過去の経験の否定を含めてアップデートが必要

言ってることは判らんでもないけど、まずは自分から実践すべきだよな。