エアプ





ネットの流行語「エアプ」って何? ゲーム用語が拡大...「母親エアプ」「雪国エアプ」も : J-CASTニュース

「お前××エアプかよ」「私××エアプだから」――こんな言葉を、ツイッターなどで聞いたことがないだろうか。

ここ最近、ネット上でちょっとした流行語になっているのがこの「エアプ」だ。元はゲームファンの間で使われていた言葉だが、現在ではかなり広い場面で使われるようになった。

2018年2月、ネットを中心に議論を呼んだのが、絵本作家・のぶみさん作詞の歌「「あたしおかあさんだから」だ。母親の「自己犠牲」を美化しているのでは、などと批判を浴び、最終的に作詞者が謝罪にまで追い込まれた。

この論争の中で、ツイッターで一部の人が発していたのが上記のような「母親(お母さん)エアプ」「育児エアプ」といった言葉である。

エアプは、「エアプレイ」を略した表現だ。「エアギター」のように、特定のゲームを「プレイ」していないにも関わらず、ネット上で聞きかじった話などを元に、まるでプレイしているかのように発言することを指す。普通の日本語なら、「知ったかぶり」がニュアンスが近い。

キーワードのネット検索件数の推移を記録する「Googleトレンド」によれば、2014年下半期ごろから急速に注目度が上昇した言葉で、直近の1カ月でも、ツイッターでは1日1000回前後つぶやかれている(Yahoo!リアルタイム検索)。

本来は「ゲーム」の分野に限って使われていたが、上記のように最近では、現実での経験などに関しても、相手の「知ったか」を叩く用途で使われることが増えている。

(中略)

地方に住んだことがなければ「田舎エアプ」、恋人がいなければ「恋愛エアプ」、ほかにも「社畜エアプ」「受験エアプ」「入院エアプ」「相撲エアプ」、果ては「人生エアプ」――例は枚挙にいとまがない。一方でエアプ呼ばわりする側も、「自分の方が知識がある」というアピールや、「当事者以外は黙っていろ」という排他的なニュアンスで使うことも少なくなく、この言葉が飛び交いだすと、議論は得てして不毛になる。

反応

あれでしょ、スーパーモンキーボールで使われてる掛け声

母親エアプ勢とかいうパワーワードやめろぉ!

ちょっと何言ってるのか分からない。

大人エアプのガキ、リーマンエアプのフリーター

ゲームファンとしては馴染み深い言葉だけど、ここまで拡大していたとは。「壁ドン」みたいに意味が変わる訳でも無いから別にいいけどさ。