イオングループ





イオン 希望者は70歳まで雇用継続へ | NHKニュース

イオンは、国内最大手の総合スーパー「イオンリテール」で今月21日から従業員の雇用制度を見直します。

これまでは社員やパート従業員が65歳の定年を迎えると、経験などを踏まえて会社が認めた場合に限り70歳まで雇用していましたが、今後は原則として希望した全員をパート従業員として70歳まで雇用するということです。

この会社では社員とパート従業員を合わせて毎年3000人程度が定年を迎えているということで、そのうちおよそ半数が雇用の継続を希望すると見込んでいます。

イオンは人手不足や少子化で新規採用が難しくなる中、経験豊富なシニア層をより活用することで全国に展開する店舗の運営を担う人材の確保につなげたい狙いがあります。

スーパー業界では、関東地方の「サミット」がおととしからパート従業員の雇用年齢を75歳までに引き上げるなど、シニア層を活用して深刻化する人手不足に対応しようという動きが広がっています。

反応

非正規の低賃金労働で人が集まらず。年寄りと女性、外国人を雇うという流れ。

今、65歳以上の方でも、バリバリ働ける方が多いのに、年齢制限でやむなく退職される方を見て勿体無いと思ってました。需要と供給の問題も解決されるし、この決定は素晴らしい!

70歳まで働かせたら人生働いてるだけで終わってしまう。余生を楽しむ暇もない日本。 親もイオンだから何とも言えない…今パートで61歳。辞めたくないって言ってるけどいつまで働くのかな。辞めたらボケてしまいそうで怖いんだって。個人的にはそろそろゆっくりしてほしいのにな。

えーっと普通は給料上げて人手不足に対応するんでは…

給料上げなくても働いてくれる層にアプローチってところか。