出会い





出会いが一番多そうな県は東京、ワーストは? 47都道府県ランキング | 日刊SPA!

SPA!編集部では一般男女300人を対象に、都道府県ごとに抱く、出会いが“多そう”“少なそう”というイメージについてアンケートを行った。

 まずは「出会いが多そうな都道府県」、「出会いが少なそうな都道府県」を3つずつ挙げてもらい、票数の多い順にランキングした。

<出会いが多そう>
1位 東京 244pt
2位 大阪 152pt
3位 神奈川 93pt

<出会いが少なそう>
1位 鳥取 103pt
2位 島根 95pt
3位 青森 78pt

(中略)

総務省統計局発表の平成26年版「経済センサス-基礎調査」のデータによれば、酒場やキャバレー、ナイトクラブなどの軒数は、1位の東京が3万887軒とダントツで、大阪、神奈川が続き、先述の出会いが多そうな都道府県にピタリと合致するのである。

<出会いの場>
1位 東京 3万887軒
2位 大阪 1万7481軒
3位 神奈川 1万3573軒

45位 島根 1295軒
46位 鳥取 1076軒
47位 奈良 1031軒

(中略)

人口1000人における婚姻率(厚生労働省「人口動態統計」’17年より)を見ると、1位東京、2位沖縄という結果に。

<婚姻率>
1位 東京 6.45組
2位 沖縄 6.07組
3位 愛知 5.49組



45位 新潟 4.09組
46位 山形 4.02組
47位 秋田 3.53組

反応

「出会いが多そう・少なそう」と「出会いの場」の相関関係はわかった。上位は都会度調査がそのままってことだよね。でも、下位はどうなんだろう。「未婚男女比率」は、男性結婚できない指数?で、「結婚率」と「合計特殊出生率」の相関関係がわからない。

「キャバレー」や「ナイトクラブ」を『出会いの場』と定義づけてるこの記事の書き手のオヤジ度がウケるwww

「出会いの機会が無い」という言葉をよく聞きますが、そんな事は無い。「ひきこもり」でも無い限り、出会いの場はどこにでもあります。

確かに都会は少しは機会が増えるかもだけど、結局は本人のやる気次第。最初から出会いなんぞ求めていない人の割合も増えているだろうしね。