ワンダと巨像





PS4向けリメイク版『ワンダと巨像』は、イギリスではオリジナル版より73%多く売れた。高評価と市場拡大により飛躍 | AUTOMATON

新たな『ワンダと巨像』が2006年にPlayStation 2にて発売されたオリジナル版より70%増加しているという73%多く売れたと報告されている点。2006年にもイギリスにて首位を獲得したが、12年の時を経て発売されたリメイク版はさらなる売り上げを獲得しているのだ。

この売り上げには、さまざまな要因が絡んでいると思われるが、まず考えられるのがイギリスの市場の拡大だ。イギリスのゲーム市場は2010年から特に大きな成長を遂げており、同国の調査会社Funding Optionsによると、コンピューターゲームジャンルにおいては2010年度と比較すると、2015年度の市場は約1.5倍に拡大しているといい、それ移行も成長傾向が続いている。2006年と2018年ではっきりとした比較はできないものの、その市場のスケールは大きく変化していると予想できる。現在の市場規模が、中国、アメリカ、日本、ドイツに次ぐ5番目であることは、イギリスの躍進を物語っているだろう。

さらにイギリスはPlayStation大国としても知られており、2017年に同国にて発売されたパッケージタイトルの50.2%がPlayStation 4タイトルであったと前出のUkieにより報告されている(gameindustry.biz)。特にPlayStation 4独占タイトルは好調な傾向にあるとされており、こうしたイギリス市場の拡大と親和性が『ワンダと巨像』の売り上げを後押ししたとされている。


PS4だけが調子良かったというか、XboxOneが勝手にコケタだけで、それ以前は普通にXbox王国だったような気がする。

【PS4】ワンダと巨像
【PS4】ワンダと巨像
posted with amazlet at 18.02.13
ソニー・インタラクティブエンタテインメント (2018-02-08)
売り上げランキング: 14