年賀状





年賀状も値上げ、19年用から62円に 配達コスト増  :日本経済新聞

日本郵便は年賀はがきの価格を2019年用から、現在の52円を62円に引き上げる。17年6月に通常はがきを62円に値上げする一方、年賀は据え置いていた。人手不足で配達コストが高まっており、利用者に負担を求めて採算の改善を図る。はがきによって2種類の価格があるのは分かりにくいとの指摘にも対応する。年賀状の減少に拍車がかかる可能性がある。

(中略)

18年用年賀の総発行枚数は35年ぶりに30億枚を割り込み、9年連続で減少している。メールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の普及で「年賀状離れ」が進む中、料金値上げで枚数の減少に拍車がかかる可能性がある。日本郵便は無料対話アプリのLINEで発注するサービスを導入するなど年賀状のてこ入れ策を進めてきたが、追加的な対応を迫られそうだ。

反応

今年はメールやラインが多かった。年賀状は出すのはやめて、来年から来たら出すでいいかな。そう言えば懸賞応募はネットがほとんどだし年賀状以外自分から郵便使わないな

年賀ハガキ62円に値上げならますます年賀状書く人減るだろうし、郵便局員にノルマ廃止してあげて欲しい。毎年、郵便局の人が何人も年賀状買ってって会社に顔出しに来てて、その姿見てたら可哀想なんだわ。

若い人は年賀状書かないからね。人口減少もあるし残念ですね!

一時期、年賀状は止めていたのだけどまた始めてしまった。この値上げを機会にまた止める事を考えるかな・・・。

俺は今年で年賀状やめますって連絡入れたから丁度良かったかも(笑)