仮想通貨





事件発生も仮想通貨熱は冷めず ビットコイン決済導入を考える店主も - ライブドアニュース

 エンドユーザーも店舗もビットコインにはもうこりごりかと思いきや、市場の仮想通貨熱は冷めたわけではないようだ。ある飲食店の店主は、流出事件の報道の大きさで仮想通貨ユーザー層の厚さを認識したといい、「これだけお金に対して敏感な人たちが集まっているのなら、うちも今ビットコイン決済を導入したら、利益確定のために使ってくれるのでは」と話す。したたかな店舗経営者にとっては、仮想通貨の是非で社会的な議論が起きているタイミングがチャンスかもしれないというのだ。

 bitFlyer、コインチェックに次ぐ大手取引所「Zaif」を運営するテックビューロは、2月16日から女優・剛力彩芽さんを起用したテレビCMの放映を開始した。コインチェックの被害者が多かった理由のひとつとして、同社による大量のCM放映が挙げられており、セキュリティよりも広告宣伝に優先投資をしていた姿勢は多くの批判を浴びた。しかしこの状況を見る限り、業界もユーザーも自粛ムードとはほど遠いようだ。



反応

仮装通貨は投機です 損したら人生終了になることを忘れずに やりたい人はどうぞご自由に

仮想通貨の「メーカー」はぼろ儲け。一時消えたCMもガンガン流れてる。ロウソクは消える直前が最も明るい。みなさん頑張ってね。俺は株以外はやらないので。

また剛力が踊ってるよ・・・とおもったらビットコインのCMだった。もう唖然とするしかなかった。

仮想通貨はこれからだけど、投機は終わった感が強いな。本格的に生活に溶け込めば、また変わるだろうけど。何年先かな?

なんか剛力さんって久々に名前観た感。一時期のゴリ推しが終わってもう弱力ぐらいになったのかと思ってた。