老後資金





老後資金は1000万円以下でもなんとかなる 預金や退職金以外に重視すること - ライブドアニュース

個々の家庭によって暮らしぶりや嗜好が違いますから、「人並み」の視点で老後資金を考えても目安でしかありません。

年金支給開始年齢が引き上げられ、例えば、貯金が1000万円と少なければ、年金生活の赤字を小さくする暮らしのダウンサイジングを考えるしかありません。それには老後の生活設計を立て、年金暮らしの赤字額を知ることが必須になります。

見直しの結果、リタイアした時点で住まいを売却してコンパクトなところに住み替えて手元資金を増やし、同時に水道・光熱費などを減らすことが必要になるかもしれません。

年金の出る時期が遅くなれば、生活費の管理をきつくしなければなりません。特にボーナスがなくなると生活費に大きな影響を与えます。固定資産税や自動車税、冠婚葬祭費、レジャー費など今まで、ボーナスで払っていた費用を全部貯金から出すようになるからです。



年金が支給されるまでの老後リスクの有効な対策は、できる限り長く働くこと。その期間は貯蓄の目減りを抑えることができます。

老後の準備というと預金や退職金を重視しがちですが、スキルアップ、就職につながる人脈づくりも大事です。一流企業に勤めていても継続雇用を選択せずに定年で辞めるなら、収入は減るとしてもパートやアルバイトで70歳過ぎても働くのが1つの手です。資格の取得や手に職をつけるのもいいでしょう。

反応

病気になったら詰む流れになりそう。結局、一般家庭でセーフティゾーンがいくらって考えてもキリがない気もするけど。家族構成・持ち資産・環境、いくらでも変数要素がある。まぁ、ある程度お金かからない生活を心がけて、あとはなるようにしかならん、と考えていくしかないんでないかな。

生活レベルは上げるのは簡単だけど、下げるのは難しいです。
50歳くらいになったら、生活レベルを見直しつつ、老後を視野に入れた生活が必要かも?

60過ぎたら、途端にパートの面接さえ、年齢制限で受けられない現実ww

私もね、ある程度準備していたら、後はなるようにしかならんと考えています。長生きなんてしたくねーな・・・。