交通事故件数





交通事故の件数が年間で5.4%減、3年間で10万件減少…自動ブレーキ普及の効果? 2017年 (レスポンス) - Yahoo!ニュース

警察庁がまとめた2017年の交通事故発生状況によると、交通事故発生件数が前年比5.4%減の47万2165件だった。

交通事故件数の減少は4年連続。交通事故件数は大幅に減少しており、この3年間で約10万件減少した。自動ブレーキなどの先進運転支援システム普及などの効果と見られる。

このうち、死亡事故が同4.2%減の3630件、重傷事故が同1.2%減の3万4940件、軽傷事故が同5.7%減の43万3595件だった。

交通事故による死傷者数は前年と比べて3万8216人減の58万4541人だった。このうち、死者数が210人マイナスの3694人、負傷者数が3万8006人マイナスの58万0847人だった。

反応

自動ブレーキが少しでも事故の減少に繋がっているのなら、それは大変素晴らしいことだと思う。

安全装置が機能したことを評価するだけで無く、実際にどのような状況で機能したのかも分析し結果を開示して欲しいです。

減少率が少ないように思います。今後もっと普及すれば、事故はもっと減るんでしょうね

アクセルとブレーキの間違えは完全自動運転の前にワンペダル化が進むかもしれん。