新卒採用





新卒採用、4社に1社が「質より量」 民間調査  :日本経済新聞

 就職情報サイトのディスコ(東京・文京)は21日、2019年卒の新卒採用活動について企業向けの調査を発表した。「学生の質より採用予定人数の確保を優先」と考える企業は8年連続で増加し、4社に1社にのぼった。採用計画人数は18年卒と比べて約3割が増やす方針。売り手市場が続き、企業側の苦境が鮮明になっている。

 採用に際し「学生の質を優先させる」と答えた企業は前回調査で80.0%だったが、今回は74.7%に下がった。一方「人数の確保を優先する」と答えたのは同20.0%から25.3%に上がった。ディスコによると、「質より量」が2割を超えるのは初めてという。

反応

バブル世代の再来や。小売とか本当に頭数の確保が最優先になっとるしなあ。

そうなると、質が悪くなるばかりだね。まあ、しょうがないね

採用担当もサラリーマンだからね、予定人数に届かなければそりゃ質に目を瞑るしかない。

就職氷河期世代としては羨ましいし、送り出す大学教員として嬉しい限りだけど、就職後意識的に質を磨いていかないと、ちょっと前のバブル世代バッシングみたいに「使えないアベノミクス世代」扱いされてしまうかも

前職では採用絡みの仕事もしていたので、新卒採用の苦しさは理解している。ブラックの印象強い企業や業種は量優先でかき集めるしかなさそうだな・・・。