裁量労働制の拡大





“国民の疑念招いた” 首相 裁量労働制拡大の全面削除指示 | NHKニュース

働き方改革関連法案をめぐり、安倍総理大臣は28日夜、加藤厚生労働大臣らと会談したあと、記者団に対し、厚生労働省の労働時間の調査に誤りとみられる例が見つかり国民の疑念を招いたなどとして、法案から裁量労働制の適用業務の拡大を全面的に削除するよう指示したことを明らかにしました。

政府が今の国会の最重要法案と位置づける働き方改革関連法案をめぐって、安倍総理大臣は28日夜遅く、総理大臣官邸で、菅官房長官や加藤厚生労働大臣、それに、自民・公明両党の幹事長や政務調査会長と会談しました。

この後、安倍総理大臣は記者団に対し、厚生労働省が行った一般労働者と裁量労働制で働く人の労働時間の調査に誤りとみられる例が多数見つかったことについて、「国民が疑念を抱く結果になった。そこで、働き方改革関連法案の中で裁量労働制は全面削除するよう指示した」と述べ、法案から裁量労働制の適用業務の拡大を全面的に削除するよう指示したことを明らかにしました。

そのうえで、安倍総理大臣は「働き方改革は極めて重要だ。提出する法案においては、長時間労働の慣行を断ち切るための時間外労働の上限規制や、非正規・正規の格差を埋めるための同一労働同一賃金の導入、それに『高度プロフェッショナル制度』の3つの柱を盛り込んで提出していきたい」と述べました。



高度プロフェッショナル制度とは - コトバンク

専門職で年収の高い人を労働時間の規制の対象から外す新たな仕組み。年収1075万円以上のアナリストなどの専門職が対象。労働基準法は法定労働時間を超えて働かせる場合、割増賃金の支払いを義務づけているが、対象となる働き手は残業や深夜・休日労働をしても割増賃金が一切支払われなくなる。

反応

この件に関しては世間一般並みの感覚が通じた訳で、その他の国民の疑念は晴れる日が来るのか?っていう。

安倍さん。経団連会長は「今国会で成立させてほしい」と言ってましたよ。政権維持が難しくなってきましたね

あ、折れた。 本当にひっっっさしぶりの野党サイド得点入ったなぁ。何年蕎麦ばっか打ってたよ?

当たり前や! 定額働かせほうだい制度やったんやからな!

24時間連続勤務の高度プロも上限100時間も残ってます。つまり裁量労働制だけ削除しても意味なし。

安倍に騙されるな!自民党は高度プロ法を先に通すつもりだ!高度プロ法は完全な残業代ゼロ!8時間分の給与で毎日24時間労働させても合法の殺人制度!

NHKがニュースにするのだから、裁量労働制は法案から外すのでしょうが、高度プロフェッショナル制度は依然残っています。セットで批判しなければならない。高度プロを焦点から外す議論を修正すべきところです

さすがに折れたか。今度は「高度プロフェッショナル制度」を範囲拡大してきそう(笑)