花粉症





花粉症 運転中のくしゃみで事故?実は深刻な実態 | NHKニュース

本格的な花粉のシーズンに入り、JAF=日本自動車連盟は、花粉症のドライバーが車を運転中にくしゃみをして操作を誤るなど、交通事故につながるおそれがあるとして、注意を呼びかけています。

(中略)

JAFによりますと、時速60キロで走行中、くしゃみを1回する間に計算上はおよそ8メートル進んでしまうということで、この際に進行方向や運転操作を誤ることなどが、事故の原因になるとしています。

JAF東京支部の善養寺雅人さんは「症状がひどいときは運転しないようにしてほしい。大事故につながることもあるので、安全運転を心がけてほしい」と話しています。

花粉症が影響したと見られる交通事故の中には、死亡事故にいたったケースもあります。

去年4月、愛媛県今治市の国道で、乗用車がセンターラインを越えて軽乗用車と正面衝突し、軽乗用車に乗っていた女性1人が死亡、2人が重軽傷を負いました。

反応

確かに運転中にくしゃみする時は怖いことあるから他人事ちゃうわ

うわあシャレにならない……。

これからの季節、お仕事や通勤で車を使っているかたは大変ですね。事故を起こし危険運転とされたかたもいるらしいけど、花粉症で仕事休めないですものね(^_^;)

薬の服用とマスクは当然。花粉の付着しにくい服、自動車のエアコンは花粉除去フィルター装備で常時内気循環です。さらに不要不急の外出は避けていますよ(・ω・)ノ

花粉症の人のボーとした虚ろな感じは、四季の中で春を台無しにしているようで可愛そうになる。

居眠りと大差無いよね・・・。自覚がある人はなるべく避けた方がよさげ。