裁量労働制





裁量労働制を違法適用、社員が過労死 野村不動産:朝日新聞デジタル

裁量労働制を全社的に違法に適用し、昨年末に厚生労働省東京労働局から特別指導を受けた不動産大手、野村不動産(東京)の50代の男性社員が過労自殺し、労災を認定されていたことがわかった。男性は裁量労働制を違法適用された社員の一人だった。東京労働局は遺族からの労災申請をきっかけに同社の労働実態の調査を始め、異例の特別指導をしていた。

 労災認定は昨年12月26日付。同労働局は、同じ日に特別指導を公表していた。

 安倍晋三首相や加藤勝信厚労相は今国会の答弁で、同社への特別指導を裁量労働制の違法適用を取り締まった具体例として取り上げたが、特別指導は過労自殺の労災申請が端緒だった。

 安倍政権は、裁量労働制の対象拡大を働き方改革関連法案から削除し、来年以降に提出を先送りすることを決めたが、今の制度でも過労死を招く乱用を防げていない実態が露呈した。改めて対象拡大への反発が強まりそうだ。

 関係者によると、男性は転勤者の留守宅を一定期間賃貸するリロケーションの業務を担当する社員だった。東京本社に勤務し、入居者の募集や契約・解約、個人客や仲介業者への対応などにあたり、契約トラブルへの対応で顧客や仲介業者からの呼び出しに追われていた。2015年秋ごろから長時間労働が続き、頻繁に休日出勤もしていた。体調を崩して16年春に休職。復職したが、同9月に自殺した。その後、17年春に遺族が労災申請した。

反応

裁量労働制の拡大が残業の定例化、つまり、従業員の社畜化に結びつく、という端的な事例でしょう。不良な経営者の論法です。

記事では野村不動産への特別指導は、 「法に基づかない」「労働局の判断」ということでしたね この事件は氷山の一角にすぎず、さらに多くの「 裁量労働制に奪われた命 」があるはずと、戦慄しています

ここは超重要。労基署が自主的に違法な裁量労働制を取り締まったのではない。遺族が声を上げなければ労基署は動けなかったのだ

家族背負って逃げれなかったんかな?かわいそうに…

ブラック企業合法化法案が通れば、こんな会社の働かせ方が合法になる

今なら辛うじて「違法適用」の責任を問える。安倍政権はこの部分を合法化しようとしていたのだからほんとおそろしい。裁量労働制ごと完全に葬り去らなければならない

これが「働かせ放題」の恐ろしさよ。拡大どころか、縮小もしくは廃止すべきゴミ制度やと思うわ。