スマホ認知症





テレビの「スマホ認知症」報道に「根拠がない」と批判 - ライブドアニュース

2月28日、日テレNEWS24が「”スマホ認知症”20代の物忘れ外来患者も」という記事を掲載。脳神経外科医が、「物忘れ外来を訪れる患者の若年化が進んでいる」と語ったうえで、現代人はスマホの登場により”情報入手”だけが多い状態になっていると説明。そのため脳は情報で”オーバーフロー”した過労状態になり、うつ病や認知症と同じ症状が引き起こされると主張しているのだ。

この記事について医療ジャーナリストの市川衛氏は「エビデンスのない内容を断定的に伝えているばかりか、認知症とうつ病を混同しているひどい記事です」とツイート。さらに、ひとつのクリニックで偶然起こっている現象である可能性や、これらの症状の原因がスマホであるかは不明である点も指摘していた。




関連記事

“スマホ認知症”20代の物忘れ外来患者も|日テレNEWS24

反応

スマホ利用者を煽れば視聴率が稼げると思ってエビデンスなしでニュースにしちゃったのかねぇ。エビデンスなんて要らねぇと要ったのは朝日新聞の記者だっけか。

テレビ局は面白おかしくできれば報道もバラエティも関係ないようだ

それブーメランだぞ。何にも考えないでテレビの前に座ってるジジババのボケっぷりを報道しろ。

記憶の棚を外部機器に依存し過ぎて頭が空っぽだって意味なら間違いないけどな。ニュースだろうがなんだろうがネタの出処は限定されるんだから常に疑ってかかる事。十中八九、元々の話から大幅に改ざんされてるから。ニュースとかでツイートを番組で公開してるけど「原文のまま」なんてのは無いし改ざんされてると思ったほうがいい。

とりあえずスマホ悪者にしておけって風潮は感じる。