高度プロフェッショナル制度





首相 「高度プロフェッショナル制度」の意義強調 | NHKニュース

参議院予算委員会で安倍総理大臣は、働き方改革関連法案に盛り込まれる、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す制度について、より効率的な働き方の選択を可能にするものだと意義を強調し、法案の成立に重ねて意欲を示しました。

この中で共産党の山下副委員長は、働き方改革関連法案に盛り込まれる、高収入の一部専門職を労働時間の規制から外す「高度プロフェッショナル制度」をめぐり、「裁量労働制のもとでも労働者は長時間労働になり、過労死の危険が増大する。高度プロフェッショナル制度も同じ懸念があるので、まず実態を把握すべきだ」と指摘しました。

これに対して、安倍総理大臣は「裁量労働制は、一定の知識・経験を有した人に仕事の進め方を任せ、より効率的に成果を挙げてもらうもので、本人の同意が必要だ。『高度プロフェッショナル制度』でも、そうなっていると承知している」と述べ、「高度プロフェッショナル制度」は、より効率的な働き方の選択を可能にするものだと意義を強調して、法案の成立に重ねて意欲を示しました。

関連記事

【スーパー裁量労働制?】野党「高度プロフェッショナル制度も調査しろ」→ 加藤厚労相「導入前だから調べられない」

反応

そもそも年収1075万以上を貰うような従業者が残業代を貰うような契約内容になっているとは思えないのだが(爆)

マジでやめて。殺される

高プロも裁量労働制もブレーキが無いから問題なんだよね 本人の同意何て労使の力関係から言って意味がない 柔軟な働き方はFLEXの拡充で十分 可能 世界的にも長い労働時間を削減する改革が先ですね 年収も高プロと呼ぶには低いしインフレで年収が上がれば皆んな適用になる

意義は、自分が経営者団体にいい顔ができて、献金をがっぽがっぽ貰えるってことでしょ?

その裁量労働制で過労死が出たばっかりやん。