ランチ食べ放題





「神サービス」月540円でランチ食べ放題が話題 赤字覚悟なぜ?店の狙いとは 北九州 (西日本新聞) - Yahoo!ニュース

北九州市若松区中川のカフェバー「ナカガワ・スポイル」が始めたランチの定額制度「フリーランチ」が話題を呼んでいる。月額540円(税込み)を支払えば、1カ月間、平日(月曜定休)にいつでも追加料金なしでランチを食べられる仕組み。店側は赤字を覚悟した上で「その先」を見据えている。

フリーランチは、日替わりの4~7種類の総菜から二つを選べ、ご飯(大盛り可能)とスープが付く。記者が取材した日は(1)マーボー豆腐(2)ポテトサラダ(3)台湾料理ルーロー飯のたれ(4)きんぴらごぼう-だった。

 月額料金のほか、初回は登録料1080円(税込み)が必要。利用者は1日10人に限っている。店を訪れた若松区の会社員甲斐明子さん(25)は「おいしいし安い。日替わりなので飽きない」と絶賛した。

 カフェバー経営者の一人、末広要さん(59)は「大赤字です」と明かす。利用者が月に16回食べれば、1食の値段はわずか約33円。一方で、材料費には1食当たり200円以上かけている。知人の家庭菜園から野菜をもらうなどコスト削減を徹底するものの、人件費などを含めれば赤字は全体で月10万円を超す見込みだ。

 なぜ赤字の事業に取り組むのか。末広さんは「異次元の広告効果を狙っている」と理由を語る。

 石炭の積み出し港として栄えた若松区だが、エネルギー革命後は衰退が続く。2月の人口は8万1351人で、最盛期の1963年に比べ2割以上減った。商店街も空き店舗が目立つ。末広さんは仲間と共に2014年9月、街の活性化を目指す地域マネジメント会社を立ち上げた。古民家のリフォームに取り組み、宿泊施設や雑貨店、家具店として再生。カフェバーもその一つだが、周辺の人通りは少ない。

 「中途半端なことでは人集めはできない。どうせなら、絶対に話題になることをやろう」(末広さん)と経営者の知人と話し合って定額ランチを企画した。狙い通り、インターネットでは「神(素晴らしい、の意)サービスがスタート!」「どうやって利益を出しているの?」などと話題に。さらに宣伝効果を引き出すため、インスタグラムなど会員制交流サイト(SNS)にランチの写真と感想を投稿するよう、利用者に依頼している。

人気の飲食店が月額500円(税抜き)で食べ放題になるウェブサービスFREE LUNCH(フリーランチ)


少し前に当ブログでも紹介したランチ食べ放題。やはり赤字でしたか。まぁ都会ならあり得ないサービスな訳で、少しでも人が集まれば良いのですけど。