プロゲーマー





もし高校生の息子が学校辞めてプロゲーマーになると言い出したら - ネタりか

「あなたの息子がプロゲーマーになりたいから高校やめたいといったらどうしますか?」って永江さんに聞いてみたいです。

(中略)

永江一石さんからの回答

結論から言いますと、もしわたしの息子が同じように言い出したら、まずプロゲーマーのビジネスモデルを説明しますね。

つまり、世界ではゲームはスポーツ(e-sports)として地位が高まってきていますが、日本ではまだ「ゲーム=娯楽、暇つぶし」という認識が強く残っています。韓国などはゲームの大会賞金だけで生活している人もいますが、それは競技人口の中でもごく一部であり、さらに日本でいうとほんの数えるほどしかいないんです。例えば日本のプロゲーマーとしては最も有名なのは梅原大吾さんですが、彼も普段はイベント出演や本の執筆、雑誌のコラム連載などゲーム以外の仕事をこなしているんです。つまり、中卒で漢字も書けないような頭じゃ通用しない職業なんだということをイチから説明すると思います。

それでもやりたいと主張してきたら、「もし失敗した時にどうするのか?」と聞きますね。野球選手だって世の中で何十万人も夢見ては破れ、サラリーマンになったり居酒屋で働いたりするんです。部屋にこもってゲームばかりやっていて、もしプロゲーマーになれなかったら全く潰しがききません。「高校を出ていないとリスクが高すぎる」とありますが、今や日本人の半分は大学に進学しているわけで、高卒でも十分リスクが高いと思いますよ。

それでも納得しない場合は「お前がここまでハマるゲームなら、それを作った人に興味ないの?人が作ったもので満足してるの?」と質問します。結局、ゲームって誰かが作った土俵の上で転がされているようなものですよね。まあポケモンもいい勝負ですが。「人が作ったゲームを攻略するのに一生懸けるより、自分で緻密なゲームを作って何億人ものプレーヤーを熱狂させる方が面白くないか?」と煽ってみます(笑)。

反応

なにがなんでも、最低限高校だけは卒業させる。絶対に。
学歴は邪魔にはならないが、中卒では必ず後悔する!


好きにさせたらええがな

高校出たら自由にさせてやれ

まぁ高校は出ておいた方がいいんじゃ・・・という気もする。今後、日本でもプロスポーツとして確立したとしても、アスリートスポーツ並に旬は短いので、セカンドキャリアの事も考えておかないとね。