受動喫煙対策





受動喫煙防止法案、飲食店の55%が適用外 「こんなんじゃ健康増進しない」と非喫煙者から不満続出 - ネタりか

政府は3月9日、健康増進法の改正案を閣議決定した。学校や病院などは敷地内を、飲食店は屋内を原則禁煙とする。違反した場合は、事業者に罰金が課せられるという。電子タバコも対象になる。

ただ、例外も多い。当初は敷地内全面禁煙の方針だった学校や病院は、屋外に喫煙所を設けることが可能になった。また、飲食店も屋内に喫煙室を設置すれば喫煙可能になる。

さらに、客席100平方メートル以下で個人経営、もしくは資本金5000万円以下の中小企業が運営する店舗は、そもそも法律の対象外となる方針だ。厚労省の推計によれば、例外店舗は55%に上るという。

閣議決定された改正案には、愛煙家からは「大勝利www ザルだわ」など安堵する声も上がっている。しかし、非喫煙者の落胆は大きい。飲食店内の喫煙室は、従業員も含め20歳未満の立ち入りは禁止される予定のため、こうした点を評価する人もいる一方、

「こんなんじゃ健康増進しないよ」
「原則喫煙可能。例外禁煙だろ、これは」

と、例外店舗が半数を超えることに違和感を持つ人が多い。

「というか、喫煙室を設ければ吸えるのだから、実質100%喫煙できるのでは」

という指摘もあった。

反応

禁煙居酒屋が全く無い。法律が変わって居酒屋へ行くの楽しみにしていたのに。

でも税金減るから大幅な値上げはせず生産もします
ホント蛇の生殺しだなw


例外が55%とか原則になってない

カジノにしても仮想通貨にしても公務員の天下りのために国民が犠牲になるんだよね

例外が過半数ってw

看板とかだけではなく、ネット検索でも「喫煙可」かどうかを明記すべきやな。無駄足になる。