瀕死のハトって





女子中学生の自転車かご 市議が瀕死のハト入れる ハトのため「何かしたらなあかん」、和歌山・紀の川 (産経新聞) - Yahoo!ニュース

和歌山県紀の川市の男性市議(72)が2月、市立中学校の女子生徒の自転車の前かごに死にかけのハトを入れ、後に生徒の保護者らに謝罪したことが9日、市教委や学校への取材で分かった。市議は産経新聞の取材に事実関係を認め、「命の大切さを知ってもらいたかった」としたが、「ショックを受けたなら(生徒本人にも)謝りたい」と述べた。

 市教委などによると、市議は2月22日、友人と下校中の生徒を呼び止め、「(ハトのために)何かしたらなあかん」と生徒が押していた自転車の前かごに、車にはねられたハトを入れた。生徒が驚いたため市議はハトをかごから回収。ハトは間もなく死んだ。

 23日に生徒の保護者が学校に「子供が自転車のかごに鳥を入れられた。自転車に乗りたくないと言っている」と連絡。学校が他の生徒への聞き取りをし、市議が浮上した。

 校長が市議に事情を聴くと、市議は行為を認め、24日に生徒の保護者に謝罪した。

 学校によると、生徒は現在、普段通り登校できているが、精神的なショックが大きく、教員らが心のケアを続けているという。


反応

議員やめた方がいいのでは?考えが危ない。

じいさん、悪気はなかったのかも知れんが、冷静に考えたら嫌がらせ以外の何物でもないな。

命の大切さを知らないのはこの市議のほう。
瀕死の鳩を自転車のカゴに入れて助かるわけではない。
入れられた中学生の心の傷も残る。


普通に変質者(笑)

鳥インフルエンザの可能性もあるから触れてはいけないと思う。

悪気なかったなら頭オカシイ人やで。むしろ悪気あった方がマシという。