銃規制





米フロリダ州で銃規制強化法成立=知事署名、ライフル協会提訴:時事ドットコム

米フロリダ州のスコット知事(共和)は9日、銃購入可能年齢を18歳から21歳に引き上げることを柱とする銃規制強化法案に署名し、同法は成立した。同州パークランドの高校で17人が犠牲となった銃乱射事件を受け、同校生徒らが銃規制強化を州議会議員に働き掛け、法案は7日に州下院を通過していた。

 米メディアによると、フロリダ州議会は銃規制に消極的な共和党が多数派で、規制強化に反対するロビー団体「全米ライフル協会(NRA)」が影響力を持ってきた。知事は署名に際し、同校の高校生は「州が変わる手助けをした」と評価した。NRAは成立を受け、同法は違憲と主張する訴訟を起こした。

反応

アメリカ修正憲法の2条:規律ある民兵は、自由な国の安全にとって必要であるから、国民が武器を所有し携帯する権利は、これを侵害してはならない との事らしいが……

知事もライフル協会の会員という報道もありますが、それでも規制したのは事件の衝撃が大きかったということでしょうね

アメリカの日常

日本のJASRACと違って、ライフル協会を支持するアメリカ人は多いんだよなぁ。