戦争の危険





「戦争の危険ある」最多85%=北朝鮮の核・ミサイル影響か-内閣府調査:時事ドットコム

内閣府は10日、「自衛隊・防衛問題に関する世論調査」の結果を発表した。それによると、日本が戦争に巻き込まれることについて「危険がある」との回答が「どちらかといえば」と合わせて85.5%と、1969年の調査開始以来最も多かった。昨年、北朝鮮による核実験や日本列島を飛び越える弾道ミサイル発射が相次いだことなどが影響したとみられる。



 調査は1月、全国の18歳以上の男女3000人を対象に個別面接方式で実施。有効回収率は55.7%だった。

 日本が戦争を仕掛けられたり、戦争に巻き込まれたりすることについて、「危険がある」は38.0%、「どちらかといえば危険がある」は47.5%だった。「危険はない」「どちらかといえば危険がない」は計10.7%だった。

反応

危険を招くよう仕向けたのが安倍自民党政権だ…と言う事を忘れてはならない。 戦争屋=米国一辺倒でアジアの一員であるにもかかわらず北を挑発し続けた結果だ。

あべクンのチクり外交ではね・

巻き込まれるって表現が未だに他人事レベルなんだなぁって思う。今の憲法の体制では、大規模災害対処から何から困った時の自衛隊頼みも通用しなくなるっていうのに。

巻き込まれないと答えた方は
よほど今の情勢を知らない方だと思える


戦争は100%起こるだろうけど、相手は北朝鮮じゃないでしょうね

巻き込まれるっていうより標的にされるってレベルの話だと思う。

アメリカの影響も大きそう。