結婚年齢





結婚年齢、男女とも18歳に統一 民法改正案、閣議決定 (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

結婚できるのは男性は18歳、女性は16歳以上、との規定を変え、男女ともに18歳とする民法改正案が13日にも閣議決定され、今国会に提出される見通しだ。結婚年齢の男女差がなくなるのは民法(家族法)が制定された1898(明治31)年以来。1996年に法制審議会(法相の諮問機関)が結婚年齢の統一を答申してから20年余りを経て改正されることになった。

 厚生労働省の統計では、2015年に結婚した18歳未満の女性は計1357人(16歳は327人、17歳は1030人)。1965年には計4108人おり、2000年代前半までは3千人前後で推移していたが、最近は減少傾向にある。このため、政府は女性の結婚年齢を2歳引き上げても、影響は少ないと判断した

反応

この件に関しては女子の年齢を引き上げたのだから、男女平等と言う意味では間違ってないと思う。しかし、保護者の同意なしで、ローンを組ませる年齢などは引き下げていけない。20歳を境に被害が増えているし、18歳19歳ならばなおさら被害が増えるとおもう。

この改正はいらない。低年齢での出来婚は避けた方が良いが現実にはある。早期に母子の身分の安定を図れず悲劇を増やす事にならないか。

それに伴って少年法廃止の法案も必要。

今でも16歳で結婚してる人って居るんだね。しかも年間数百人。まぁ16歳でも大人な人も居るだろうし、30歳でも子供な人も居るし、正解ってのは無いのかな。

18歳成人なのに酒、タバコ、ギャンブルは20歳なのは紛らわしい。

むしろ男の年齢引き下げた方がよかったのでは?
早くから子供作る必要があるんでしょ。そのための思春期では?

16歳だろうと50歳だろうと結婚する人はするのであまり意味はないような気もする。若年層結婚を増やして少子化対策って手もあるけど、経済的問題を抱えるパターンが多そうだな。