孤独大国





なぜ日本のおじさんは「世界一孤独」なのか? (文春オンライン) - Yahoo!ニュース

日本では、「孤独のすすめ」「おひとりさま」「ぼっち」などと、「孤独」を美化し、奨励する考え方が人気を集めているが、実はその裏で、日本は世界に冠たる孤独大国になりつつある。国際機関OECD(経済協力開発機構)の調査(2005年)によれば、友人、同僚、その他コミュニティの人と「ほとんど付き合わない人」の比率は15.3%と平均(6.7%)の2倍以上、加盟国中トップだった。オランダの2.0%、アメリカの3.1%、ドイツの3.5%などに比べると差は歴然だ。未婚率や一人暮らしの家庭も増加している。

(中略)

 全国民の問題となりつつある孤独だが、特に事態が深刻なのが、中高年の男性だ。

 前述のOECDの調査では、「友人や同僚もしくはほかの人々と時間を過ごすことのない人」の割合は日本の男性が16.7%と21カ国の男性中、最も高かった。平均値の3倍に近く、スウェーデン人男性の約1%、アメリカ人男性の約4%などと比べても突出した水準だ。

 その背景には、日本の特殊な労働文化がある。長時間労働の中で、友人や趣味などを作る暇もなく、汗水たらして働き、気がつくと退職の日を迎えるという人も少なくない。

(中略)

 もう一つ、「男性の孤独」の裏にあるのが、「男のプライド」という厄介な代物だ。特に、終身雇用、年功序列制度という「タテ社会」の中で、上意下達の「ポジショントーク」を40年間続けると、フラットな立ち位置で胸襟を開いたコミュニケーションがなかなかできなくなってくる。話すこと自体を目的とし、地球が滅びるまで面と向かって営々と話し続けることができる女性と、コミュニケーションは目的を達成するための手段であり、スポーツやゲーム、お酒など、何らかの介在がないと話しづらい男性とでは、「コミュ力偏差値」に差が出やすい。

 実際に、こうした要因から、定年退職後に、家に引きこもる高齢男性が激増している。別にいつも人と群れることをおススメするものでもない。趣味でもいい、近所の友人でもいい、何らかの形で社会とつながりながら、一人の時間を楽しむ準備と心構えを現役の内からしておくことが必要だろう。

反応

別にいいんじゃないの。群れないと何も出来ないような主体性の無い者よりマシと思うが

孤独だけど別に寂しいとも思いません。早死に結構。葬式無用ですが、お墓も共同墓地か自然に返るような埋葬を望みます。

別に孤独が悪いわけじゃない。自分のスタイルにあった生き方すればいい。

「孤独な人は、早死リスクが50%高くなる」ってなってるけど、日本のおじさんが世界一孤独なんであれば世界一男性の平均寿命が低いって事なのか?そんな事ないやろ。こじつけてるな。

こういうのも差別じゃないか。気を使って生きるより一人のほうが楽な人もたくさんいるよ。

孤独に耐性があるかどうかで全然違う結果になると思う。

まぁ早死には望むところって人も多いかもね。俺も含めて。