花粉症





2018年の花粉症は例年に比べ深刻?耳鼻科医が指摘する要因 - ライブドアニュース

 すでに首都圏の耳鼻咽喉科には数多くの患者が訪れており、昨シーズンに比べ深刻な症状を訴えるケースも少なくないという。

 その一因として考えられるのは、昨年末から今年にかけて猛威を振るったインフルエンザの影響だ。三茶おはな耳鼻科の松尾有希子院長が指摘する。

「今年は患者さんの数も増えていますし、例年に比べて症状がひどい方が多い。インフルエンザや風邪が完治しておらず、それに伴う様々な症状を抱えているのに、間髪入れずにスギ花粉の飛散が増えてきてしまったことが理由として考えられます。風邪を引いたまま花粉症になる、あるいは花粉症の状態で風邪を引いてしまうことで、気管支炎になるケースもみられます。免疫力が低下している時はアレルギー症状も強く出るので、タイミングが悪いとしか言いようがありません」

(中略)

「ストレスが多い方や不眠が続いている方などは症状が強く出ることも多いので、よく食べ、よく眠り、よく運動をするなど、人間が基本的に必要としている行動を取ることが症状の抑制に効果的です。そのうえで花粉の飛散予報に従い、防護していただきたいと思います」(松尾院長)


反応

花粉症もボジョレーヌーボー並みに毎年更新を続けるなぁ…(マジで今年はヤバい)

すでに結構きてるけど、今朝のニュースで花粉シーズンが始まるって言ってたwはやく終わって欲しい。

今年は早くから酷いです。睡眠不足が続いてからの花粉症始まりなので。どちらかというと、毎年の花粉量より、睡眠時間に左右される。

「花粉症」などとごまかした名前がついているが、本来は「農水省によって人為的に過剰に増やされた杉・檜花粉によるアレルギー」。症状に悩まされる人たちからが集団訴訟を起こしてもおかしくない。

少し前に話題になった「インフル花粉症」は同時併発だったけか。インフルや花粉症で免疫力が落ちた状態での併発は十分あり得る話。他の病気も危険ですな。免疫力向上に日頃から留意すべきでしょう。