格安SIM





2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査

MMD研究所は、15歳~69歳の男女44,541人を対象に2018年2月16日~2月22日の期間で「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」を実施いたしました。

■ メイン利用のMVNOシェアは10.1%(昨年3月は7.4%)2.7ポイント増
■ 格安SIMサービスの認知度は89.8%、内容理解は47.7%
■ メインで利用している格安SIMサービスは「楽天モバイル、mineo、OCN モバイル ONE」が上位
■ 格安SIMサービスの契約プランは、音声プランが65.3%、データプランが34.7%
■ 契約プラン別の格安SIMサービス利用の上位は、音声プランが「楽天モバイル、mineo、UQ mobile」データプランが「OCN モバイル ONE、楽天モバイル、mineo」
■ 格安SIMサービス利用のデバイスは、Androidスマートフォンが54.5%、iPhoneが32.8%

15歳~69歳の男女44,541人を対象に、メインで利用している携帯電話・スマートフォンの通信事業者を聞いたところ、「docomo(32.5%)」「au(28.0%)」「SoftBank(22.1%)」と大手3キャリアを合わせると82.6%となり、2017年3月の同様の調査と比較すると85.7%から3.1ポイント減となった。「Y!mobile」の割合は3.8%、「MVNO」が10.1%となり、キャリアサブブランドの「Y!mobile」と「MVNO」を合わせると13.9%となった。これを前回調査(2017年3月)と比較すると3.1ポイント増えている結果となった。





反応

現在イオンモバイルから書き込んでます。想像以上に快適です。

格安スマホ、格安SIMという呼び方はその範囲がうやむやすぎて気持ち悪いんだけどねぇ。

2~3割ぐらいまで行くかな?

俺も楽天モバイルで半年以上経過したけど不満ゼロやな。というか以前のキャリアに対する不満しか出てこないわ(笑)