銃規制





トランプ政権、危険な個人の銃所持禁止を各州に提案-銃乱射事件受け - Bloomberg

トランプ米大統領は、他者あるいはその人自身にとって裁判所が危険と判断した場合、個人の銃所持を禁止する「レッドフラッグ(警告)」法案を成立させるよう各州政府に要請した。フロリダ州パークランドの高校で起きた銃乱射事件を受けて、ホワイトハウスが11日に発表した。

トランプ政権は、学校職員に任意の銃の訓練を実施する州への支援も提案した。デボス教育長官を座長に学校の安全問題を調査する委員会を設置し、銃を自発的に携帯する学校職員の訓練について司法省を通じて支援を提供する措置を提案に盛り込んだ。

ホワイトハウスによれば、2月14日の銃乱射事件発生以降、トランプ大統領は高官や超党派議員らとこの問題を数週間にわたり協議した。今回の提案はその集大成としているが、一部の銃を購入できる最低年齢の引き上げ要請などが含まれておらず、期待外れの内容となった。

反応

銃規制に一歩前進とはいえ、不十分な模様

生徒の銃乱射事件を起こす危険性があるとか、裁判所が予測できるハズがない

犯罪歴、精神・知能に異常、通院歴、他諸々あるな

アメリカ人全員にしときなさい(-_-;)

というか、裁判所判断ってレベルでヤバイ奴じゃん。今までは持ち放題だったのか。