ディビジョン2





噂:「The Division 2」の開発規模はUbisoft史上最大の1,000人超体制、Gamereactorが報告 ≪ doope! 国内外のゲーム情報サイト

「Tom Clancy’s The Division 2」(ディビジョン2)ですが、初代のローンチから学んだ全てを最大限に活用すると報じられた続編の動向に注目が集まるなか、Gamereactorがプロジェクトに近い匿名ソースから得た情報として、本作の開発規模が1,000人を上回るUbisoft史上最大のプロジェクトだと報じ話題となっています。

今のところ、噂の真偽は不明ながら、96ヶ国にオフィスとスタジオを構えるUbisoftの従業員は既に1万人を超えているほか(参考:公式サイト)、人気シリーズ最新作“Assassin’s Creed Origins”の開発には1,000人に迫る800~900人の開発者が参加し、アニメーションやビジュアルエフェクト、レベルデザイン/アート、ライティング等の開発を手掛けるアートスタッフだけで200~300人規模に達していたことが判明しており、6つの主要スタジオが参加する続編の規模とディテールに改めて期待が掛かる状況となっています。




すげー開発規模やな。前作が今ひとつだったとは思えない力の入れよう。2019年度発売だろうか。だとしたら「アサシンクリード」新作も同じぐらいの規模で開発されているって事だよね。