iPhoneX/8





iPhone X/8のワイヤレス充電は有線での充電時よりもバッテリーの劣化が速くなる - GIGAZINE

iPhone XおよびiPhone 8/8 Plusで利用可能なワイヤレス充電機能は、充電パッドの上に端末を置くだけでバッテリーの充電が可能になるため、実際に使ってみると想像以上に便利な機能です。しかし、海外メディアのZDNetがテストしたところ、有線での充電よりもワイヤレス充電の方がバッテリーの消耗が速いことが明らかになっています。

(中略)

ZDNetの記者であるエイドリアン・キングスレー・ヒューズさんは2017年9月に登場したiPhone 8 Plusを、2018年1月までの4か月で90回以上充電。さらに2018年3月までの間にトータルで135回の充電を行いました。6か月で135回という充電サイクルが続けば、18か月の使用で450回以上充電を行うこととなり、20か月目には充電回数が500回を突破する計算となります。Apple公式が「フル充電サイクルを500回繰り返した時に、本来の容量の最大80パーセントを維持できるように設計されています」と記しており、Apple端末の保証サービスであるAppleCare+では「バッテリーの蓄電容量が本来の80%未満に劣化した場合は、無償で修理いたします」記しているように、500回以上の充電サイクルというのは「バッテリー容量が本来の80%を下回り交換するべきタイミングがもうじき来る」という目安と言えます。

これまで数々のiPhoneを使用してきたというヒューズさんは、36か月(3年)で500回の充電サイクルを迎えられるように、端末を数日おきにフル充電するなどの努力を続けてきたそうです。それではなぜ、最新のiPhone 8 Plusではわずか2年足らずで500回以上の充電を行わなければいけないようなハイスピードの充電サイクルが記録されているのでしょうか。

この問題はワイヤレス充電にあるとヒューズさん。有線での充電時は、ケーブルからiPhone本体にも電力が供給されるので充電中のバッテリーへの負荷が最小限になるのに対して、ワイヤレス充電の場合は電力がバッテリーの充電にのみ使われ、iPhone本体の電力はバッテリーから供給する必要があるのでバッテリーにより高い負荷をかけてしまうことになるとのこと。これによりバッテリーの消耗が速くなり、充電サイクルが速くなってしまったとヒューズさんは指摘しています。

ただし、ヒューズさんは自分がiPhoneを使用していない時にワイヤレス充電器にiPhoneを戻すことに慣れてしまうほど重度のワイヤレス充電ユーザーになっていたとのことで、以前よりも頻繁に端末の充電を行っていたことを認めています。

反応

昔からそうだけど現代のテクノロジーでもダメか。

Galaxyとかは何か対策を講じているんだろうか。Qi初搭載のXperia XZ2発売前にこんな情報舞い込んでなんか気の毒だな()

どうせ2年で変えるなら問題ない。 ヘビーユーザーは別として。

この程度なら誤差の範囲かな…ワイヤレスに慣れちゃうと戻れん

まぁこの程度ならワイヤレス選ぶだろうなぁ。今でもLightning挿すのが面倒で仕方ない(笑)