歩きやすいのはNG





スーツ姿に"歩きやすい靴"を履く残念な人 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

スーツを着るとき、どんな靴を履いているでしょうか。いくら高価なスーツに身を包んでいても、足下が「コンフォートシューズ」と呼ばれるゴム底靴ではNGです。スタイルアドバイザーのたかぎこういち氏は「すべてを台なしにするほどの破壊力を秘めている」とまで言います。たかぎ氏が「仕事着」のポイントを解説します――。

(中略)

靴は服装全体の印象を決める最も大切なアイテムです。

試しにスーツにネクタイを締めたスタイルで、足もとをレザービジネスシューズ、レザースニーカー、スポーツシューズ、サンダルと履き替えて鏡でご自身をご覧ください。想像以上に、違いが明白なはずです。靴とフォーマル度は密接に関係しています。

それと、多く見かけるのが日本独特のコンフォートシューズです。これは非常に残念ながら悪意なく広く普及しています。それに、履きやすいし、毎日履いても疲れなさそうです。しかし、この靴は誰が履いてもすべてを台なしにするほどの破壊力を秘めています。コンフォートシューズの他にも、過剰なデザインや、先が異常にとがっているシューズなどもNGです。



靴選びは大変重要です。履き心地だけでなく、見た目と全体のバランスを忘れずに。長く付き合える正しいデザインのシューズを選びましょう。「地に足が着く」です。

反応

人の勝手 私はフェアリーさんと散歩するからスーツにスニーカーだよ

仕事ができる人ならソコは気にならない。足は障害とか出やすい部位だしソコをぐちゃぐちゃ言う奴の方が嫌だなー

こんな老害、いまどきの田舎でも鼻で笑われるわw

歩きながら仕事をする人の健康は二の次なんやね。まぁ見栄や格好が重要な舞台もあるから、一概に否定はしないけどさ。