幸福度





日本の「幸福度ランキング」下落 脳科学者は「他者のアラ探しは一生に一度もしない世代を育てること」を提唱 | キャリコネニュース

国連が3月14日に発表した2018年版の世界幸福度ランキングで、日本は前回より順位を3つ落とし54位という結果になった。

(中略)

脳科学者・苫米地英人氏
日本は「『人生の選択の自由』の自己評価では総合86位の中国よりも低い」というから驚きだ。中国は言論統制が厳しいが、日本は「人生の選択の自由」は法律的には認められている。しかし、「本人たちがそう感じてしまう社会」であると苫米地氏は問題視する。

「日本はGDPや平均寿命で日本より遥かに劣る国と比べても、幸福度が顕著に低い」

と指摘していた。

「やりたいことだけ」を「やりたいだけやる」を、褒め合おう

これを反省して改善していくためには、「高エフィカシーカルチャー(自己評価の高い文化)を日本に導入すべき」だという。「寛容性がない」「人生の選択の自由がない」と感じるのは、お互いが縛り合ってしまっているからなので、

「"やりたいことだけ"を"やりたいだけやる"ことを、お互いに高く評価する」

と提唱している。やりたいことだけをやり、お互いに上手くいったら思い切り褒める、上手くいかなくても否定的なことは言う必要がないという意見だ。

さらに「次の世代は絶対こうして欲しい」として、「他者のアラ探しや悪口は一生に一度もしない、言わない世代を育てる」と持論を語った。

関連記事

「世界で最も幸せな国」ランキング公開!「世界が憧れる」日本は54位、韓国は57位

反応

机上の空論

そもそも幸福度をランキングするというのが不幸の始まり

安倍は「未来は私たちの手で変えることができるのです」とほざいたが、「自己評価が低い」日本では無理だなw

幸福度は別に気にしなくてよくね。日本はこれから上がることはなさそうよ

日本の幸福度が上がる未来、予想できない(笑)日本人全体の幸福度を上げるなら、貧しい人でも真っ当に生活できる国を作るべきでは。