子どもになってほしくない職業





「子どもになってほしくない職業」の1位はぶっちぎりでYouTuber その理由とは? | 日刊SPA!

・日刊SPA!取材班が子どもを持つ30歳以上の男女100人に子どもに将来なってほしくない職業を聞いてみた。

【質問】30歳以上の親世代が子どもに将来なってほしくない職業
1位 YouTuber…59%
2位 営業マン…11%
3位 ゲームクリエイター…8%
4位 スポーツ選手…7%
5位 公務員…7%


母親編
「趣味ですることで仕事としては安定性がないから」(32歳・専業主婦)
「安定してない。馬鹿なイメージ。今だけの職業」(32歳・専業主婦)
「子どもはネットに顔を出してほしくないから」(36歳・専業主婦)
「 ネットに動画を流すだけで楽して稼げるなら、何でもアリになるのは悲しいです」(32歳・専業主婦)
「人気が出れば良いが、そんな人はわずか一握り。人気がないと、視聴回数のために馬鹿な動画をアップしそうだから」(36歳・専業主婦)
「安定していない。自分勝手で、自分が大好きな変な人と思われそう」(44歳・パート・アルバイト)

父親編
「一生続けていける仕事ではないから」(32歳・会社員)
「安定しないこと、再生回数を増やすことに夢中になって、物事の判断が鈍ってしまう可能性があることが心配です」(34歳・会社員)
「パソコンに向かってばかりの仕事をしてほしくないから」(36歳・公務員)
「もう少し現実味のある、出来たら誰かの為になるような仕事をしてほしい」(31歳・男性)

反応

YouTuberは職業ではなく無職の一類型にすぎない。左翼活動家と同じです。

子供にしてみたら、お遊び動画やおふざけ動画で広告収入ガッポリ!ってイメージなんだからバカほど憧れるよ。
でも実際に動画撮ろうとした時に何もアイデアなんてないことに気づくんだよw


昨日、あの有名なNHK「仕事の流儀」にヒカキンさん、出てたよ。 「飽きられないように、常に考えてる。」とか言っていた。それなりの苦労は、見て取れた。

スポーツ選手もそうだけど「一握りの成功者」以外は生活できない業界は親御さんとしては避けたいよね。ゲームクリエイターより営業マンの方が嫌なんやね。