国際特許





中国、日本抜き2位に 国際特許の出願件数  :日本経済新聞

中国が知的財産権の「強国」になってきた。世界知的所有権機関(WIPO)が21日発表した2017年の特許の国際出願件数によると、中国が日本を抜いて初めて2位となった。企業別でも中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)など中国勢が前年に続いて1、2位を独占。日本の技術立国の地位が揺らぐなか、知財は米中2強時代になりつつある。

 中国の出願件数は03年から毎年10%以上の伸び率を記録、17年は前年比13%増の4万8882件となった。日本も4万8208件と7%増えたが、03年から保った2位の座を明け渡した。1位は米国の5万6624件。

 世界全体では5%増の24万3500件で過去最多を記録した。うち半分は東アジアからの出願で、技術革新の中心は欧米から中国や韓国にシフトしている。

(中略)

 個別企業では上位10社のうち、日中韓の企業が7社を占めた。1位のファーウェイは世界有数のスマートフォンメーカーで、次世代の高速無線技術(5G)分野の特許の約10%を保有するとされる。2位は中国通信機器大手の中興通訊(ZTE)。日本は前年と同じく三菱電機の4位が最高で、ソニーが9位だった。



反応

技術立国日本(笑)

日本は低賃金の奴隷を使って安くモノ作りするのが自民党・経団連の戦略

リスク背負って頑張っても税金でがんじがらめ、美味しい思いするのは役人ばかり。こんな国じゃ新たなアイデアも生まれにくいよ。

「中国人のイノベーターが急増」 日本のプレゼンスがどんどん下がってきますね。 どうすればいいのでしょうか? 私は思いついたことを行動し続けることしか今は思い浮かびません

数だけの問題じゃないんだけどねwww

数だけじゃないとはいえ、日本のイノベーションが下がっているのは感じる。この傾向は今後も続くだろうなぁ。