東芝





東芝、12月開始の新4K衛星放送チューナを開発、録画も。'18年REGZAは4K放送強化 - AV Watch

 東芝映像ソリューションは、2018年12月1日にスタートする新4K/8K衛星放送対応の4Kチューナの開発表明など、薄型テレビ「REGZA(レグザ)」の2018年商品戦略を説明した。

 BS/110度CS 4K放送は12月に開始予定だがBS/CS 4Kチューナ(仮称)は、「秋を目標に、1日も早く発売したい」とのことで、現在開発中。現在利用中の4Kテレビに、4Kチューナを接続するだけで、シンプルに4K放送が見られることを強調した。なお、同チューナは8K放送には対応しない。価格は未定だが「5万円は切る」という。

 4Kチューナは、チューナにUSB HDDを接続して録画も可能。2TB HDDの場合、約88時間の4K番組を録画できる。




4万~5万円代の4Kテレビも多数発売されていますので、チューナーと大差ないんだよなぁ。録画できるのはありがたいけど、どちらにしてもnasneの4K版待ちだし。