花粉症





花粉症の根本治癒を目的とした次世代型ワクチン 最終的な臨床試験へ - ライブドアニュース

 国民の4人に1人が患者とされるスギ花粉症の根本治癒を目的として開発中の次世代型ワクチンについて、アステラス製薬が年内にも最終的な臨床試験に入ることが22日明らかになった。

 順調に試験が進めば、数年後には患者の負担が少ない花粉症の治療法が利用可能になりそうだ。

 アステラスが開発中のワクチン「ASP4070」は、数カ月の治療期間に一定の間隔で注射し、スギ花粉によるアレルギー反応を弱めていく免疫療法製剤。

 鼻水や涙が出るなどのアレルギー症状を抑える対症療法が主流となっている中、一部では舌下などからスギ花粉を原料としたエキスを徐々に吸収して慣らしていく免疫療法も始められている。ただ、この療法では3~5年間、毎日欠かさず投与する必要があり、患者に大きな負担を強いる難点があった。

反応

薬の開発は喜ばしい。並行して、花粉を出さない杉への植え替えをちゃんとやって!

早よ!早よ出して!鼻水の海で溺れそうなの!

ふざけるな!根本的解決方法は杉の伐採だろ!
日本人をクスリ漬けにして殺す気だよ!これ


自分はまだ花粉症じゃないけど旦那が酷い花粉症なので早く実現してほしい

植え替えより、新薬の方が早そう

まぁ杉伐採もペースを速めてほしいよね・・・。もう公害みたいなもんやし。