インテル





Intelが第1世代Core i7やCore 2シリーズなど旧CPUの脆弱性「Spectre」対策を放棄 - GIGAZINE

2018年4月2日にIntelから発表されたCPUの「Microcode Revision Guidance」に、脆弱性Spectreへのパッチリリース状況が報告されています。第2世代Coreプロセッサー「Sandy Bridge」までのSpectre(Variant 2)の修正パッチは2018年3月にリリースされていましたが、新たに公開された2018年4月のリリースノートでは、Core i7-920などの第1世代Coreプロセッサーのステータスが「Stopped(中止)」となっています。



このため、「Intelは第1世代Coreプロセッサー以前のCPUの脆弱性緩和対応パッチ開発を諦めたのではないか?」と話題になっていました。この件について質問されたIntelは、公式に旧CPUへの対策パッチリリースを中止したことを明らかにしました。

パッチがリリースされないことに決まったCPUは、「Penryn」「Yorkfield」「Wolfdale」「Bloomfield」「Clarksfield」「Gulftown」「Jasper Forest(Nehalem)」「Harpertown」「SoFIA 3GR」で、Core 2 Duo E8400など往年の大ヒットCPUだけでなく、2015年と比較的最近リリースされたAtom x3 C3000シリーズなどがサポート対象外となっています。


既にメインマシンで利用している人は少ないかもだけど・・・。