eスポーツ





「くそっ、死んだ!」 学校でゲーム eスポーツ急成長の中国(AFP=時事) - Yahoo!ニュース

 かつてゲームと言えば寝室にこもったティーンエージャーがやっているイメージがあったが、複数のプレーヤーが高額の賞金を目指して競い合う対戦型のゲーム競技「eスポーツ」はいまや急速に成長している。

 中国のインターネット調査会社iResearchの推計によると、中国でeスポーツの競技人口と観戦人口を合わせた数はすでに2億6000万人に上っている。多くの試合はオンラインで行われているが、スタジアムで数千人の観客を集めて行われる規模の大きな大会もある。

 成長に減速の兆しは見えない。オランダに本拠を置くゲーム分野の市場調査会社Newzooは、eスポーツ産業の2018年の全世界の売上額は前年比38.2%増の9億600万ドル(約950億円)になると予想。中国だけでその18%を占めると見込んでいる。

ゲームは中国の大学910校ですでに団体競技とされている。藍翔高級技工学校のようにeスポーツでの勝利に必要な技術を積極的に教える教育機関も増えている。昨年9月に始まった同校のeスポーツコースは約50人の生徒が履修している。

反応

とにかく何やらせても母数がでかいから
能力のあるやつがピックアップされるし
育成されるゲーマーのピラミッドがそのまま観戦のマーケットにもなってしまうのだろう


まあ考えてみると…野球やらサッカーやら
柔道やらレスリングやらダンスやらに
すべて青春ぶっこんで他のことなんも知らんのと
あまり違いはないか。人生のバクチね。


たかがゲームと侮るなかれ
ゲームの種類によっては軍事力に転嫁できる技術もあり、FPSゲーマーのTOP層のその認知、操作能力を無人機に生かしていく動きが既にあります

まぁ俺は非アクションゲームしか遊ばない人だからeスポーツとは縁遠いけど、ゲームの未来が競技系に集約されていくのは色々と複雑だったり。といっても昔に戻ってほしいとは思わんが。