AlterEgo





MIT、“頭の中でしゃべる”だけで音声認識できるシステム「AlterEgo」(Impress Watch) - Yahoo!ニュース

米マサチューセッツ工科大学(MIT)は4日(米国時間)、無発声音声認識を実現するウェアラブルシステム「AlterEgo」を発表した。

 システムは、耳から顎にかけて装着するウェアラブルデバイスと、コンピューティングシステムの組み合わせで構成されており、デバイス内の電極で顎や顔の神経筋信号を検出することで音声認識を行なっている。

 人間が言葉を思い浮かべて、実際に発声せずに“脳内で”しゃべる「Subvocalization」を行なうさい、外部から観察しても変化は見て取れないが、筋肉に対して微弱な信号が送られており、デバイスはこの信号を検出しているという。

(中略)

 プロトタイプのウェアラブルデバイスを使い、10人の被験者を対象に、個人に応じたカスタマイズを約15分間実施し、その後演算を90分間おこなった上で行なわれた実験では、約92%の平均認識精度を記録したという。

 AlterEgoの開発を率いたMIT Media Lab大学院生のArnav Kapur氏は、認識精度はより多くの訓練データを収集できれば、さらに改善されるとの見解を示している。



反応

MITは、理系の世界最高峰の大学でしょう。東大も負けずに、頑張ってほしいね。

片想いの人の前で装着すると、いったいどうなってしまうんだろうか。

もっと開発が進めば、その信号を他言語に翻訳して発声するようにすればしゃべれることになるね

まさにテレパシーだ

AlterEgoって初代ダンガンロンパを思い出す。口の中でモグモグする必要もないのね、すげーや。