キャッシュレス





「将来は買い物の80%をキャッシュレスで」経産省が提言 | NHKニュース

買い物の80%を現金を使わない「キャッシュレス決済」にすることを目指しています。店の人手不足などに対応するため、経済産業省の検討会がキャッシュレス決済を拡大すべきだという提言をまとめました。

「キャッシュレス決済」は、店の人手不足対策といった効果が期待されていますが、日本では消費者が現金を重視する傾向が強いこともあり、比率は20%程度と中国や欧米に比べ普及していません。

このため、経済産業省は有識者などの検討会で普及に向けた提言をまとめました。

提言ではキャッシュレス決済の比率を、2025年には40%と今の2倍に拡大し、将来は80%を目指すとしています。

そのうえで、目標に向けては、消費者に個人情報の漏えいや不正送金への懸念が根強いため、個人情報などを守るセキュリティー対策の徹底が重要になると強調しています。

さらに、サービスの規格の統一や、現金払いより有利になる税制面の優遇措置のほか、小さな商店でも利用できるように補助金なども検討すべきだとしています。

経済産業省は、キャッシュレス決済が広がれば買い物に関する膨大な情報を活用した新たなビジネスも期待できるとして、今後、民間企業とも協議して具体的な政策を検討する方針です。

反応

オリンピックの備えもあるけど、現金コストを下げれる

現在2割程度の日本は間違いなく「後進国」。中韓と比べたら尚更。

レジで並んでる時に目の前で小銭ジャラジャラやられる時間が勿体無いし割り勘支払いも楽になるしいい事しかない

経産省の方々が「現金払いのままで良い」と考える20%とは何なのか、気になります

こういうのは積極的に進めてほしい。

何度も書いたかもだけど、ラーメン屋の券売機がキャッシュレスになったら99%近くになる(笑)