怒り





怒りのプロに聞く!満員電車のイライラを解消する5つの方法

今回は本部講師の小尻美奈さんに、満員電車でイライラを和らげたり解消したりするコツをお聞きしました。

解消法1:ゆっくり6秒数える
怒りの感情のピークは長くても6秒と言われています。満員電車の中でカッとくるような出来事があれば、ゆっくり「6、5、4、3、2、1…」と6秒数えてみましょう。数えている間に、少しずつ気持ちが落ち着いてきます。

解消法2:目の前の物をじっくり観察する
目の前にあるものをひたすら観察してみてください。過去や未来のことではなく、「今、目の前にあること」だけに集中すると、怒りの膨張を防げます。

解消法3:深呼吸をする
そんな時は、ゆっくり静かに息を吐ききってください。
怒りを感じると交感神経が優位になり、血圧や心拍数が上昇し呼吸も荒くなります。音が漏れない程度にゆっくり深く深呼吸するだけで、リラックスできるようになります。

解消法4:怒りをやわらげるツボを押してリラックスする
怒りに効果があると言われている二つのツボを親指で押してみましょう。
一つは「合谷(ごうこく)」(画像右)で手の甲側の親指と人差し指の分かれ目にあり、精神を安定させるツボと言われています。

もう一つの「神門(しんもん)」は手の平側の小指の延長線状の手首の関節にある窪みにあります。高ぶった感情をしずめてくれるツボです。



解消法5「通勤時間や通勤方法を変えてみる」
思い切って30分早い電車に乗ったり車両を変えたりと、変えられない怒りでも自分の行動を変えることで状況が変わり、イライラの元が軽減されます。


怒りのプロってなんやねん・・・と思ったのは内緒。俺は怒号層圏の方が好きだった。最近はあまり怒ることもなくなったなぁ。やっぱり会社がストレスの9割以上だったという事がよくわかる。