開封すると保証無効





プレステ・Xboxなどで横行する「剥がすと保証は無効」のシールは違法だとFTCが大手企業に警告書を送付 - GIGAZINE

ゲーム機やPCにステッカーで封印をして「このステッカーを剥がすと製品保証が受けられなくなる」という文言をつけてメーカー以外の第三者の分解行為を禁止する行為が蔓延しています。不公正な取引を監督・監視する機関であるアメリカの連邦取引委員会(FTC)が、大企業6社に対してステッカーで分解を禁止する慣行が違法であることを通告する警告文書を送付したことを明らかにしました。

(中略)

この封印シールを剥がすと保証期間内であってもユーザーは保証を受けられないというのがメーカー側の主張ですが、このような行為はアメリカでは1975年に成立したMagnuson-Moss Warranty Actに違反するものとして違法です。

違法な行為にもかかわらず大手企業がこのような封印シールの貼り付け行為を止めないのは、「シールが効果的である上に、コストに見合わないため消費者が訴えないのを知っているから」という理由があると推察されています。



FTCは6大企業が自動車、携帯機器、ゲーム機を販売するメーカーであることは明らかにしていますが、具体的な企業名は公開していません。なお、MotherboardはPlayStation 4のソニー、Xbox OneのMicrosoftが対象になっている可能性は高いと指摘しています。

連邦取引委員会、「開封すると保証無効シール」は違法として大手6社に是正勧告 - PC Watch

一方で、同法はユーザーによる不適切な使用や必要なメンテナンスを怠った場合に保証を無効とすること自体は認めている。


PS4はHDD交換も自由だし、開封する必要性が殆どないから気にしないけど、国内向け製品もシール無くなるのかね?