白米・・・





最先端の医学では「白米は体に悪い」が常識だ | 健康 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

津川 友介 : カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)助教授

(中略)

私たちにとって最も身近な炭水化物は、白米や小麦粉であり、これらは精製された炭水化物である。このように精製して柔らかくて食べやすい形にすることを(白っぽくなるため)「精白」すると表現し、米であれば「精米」すると呼ぶ。

そして、この精白されている「白い炭水化物」は、血糖値を上げ、脳卒中や心筋梗塞などの動脈硬化による病気が起こるリスクを高める可能性があることが、数多くの研究から報告されている。

その一方で、玄米のように、精製されていない「茶色い炭水化物」の多くは食物繊維や栄養成分を豊富に含み、複数の研究で肥満や動脈硬化のリスクをむしろ下げると報告されている。つまり、すべての炭水化物が悪者なのではなく、どんな炭水化物を食べるかで健康に関しては逆の効果があるのだ。

(中略)

私が食事と健康の話をすると、最もよく質問されることの1つが「白米は食べすぎなければ大丈夫ですよね?」といったものである。日本人は何事も「食べすぎなければ大丈夫」というあいまいな落としどころを好む傾向があるが、残念ながら、日本人が大好きな白米は「少量でも体に悪い」と言ってもいいだろう。エビデンスによると白米の摂取量が少なければ少ないほど糖尿病のリスクが低いことが報告されているからだ。

(中略)

炭水化物の摂取を減らすために、ただ単に食事の量を減らすことはおすすめできない。多くのダイエットが成功しないのと同様に、お腹が空いていてもがまんしているのは拷問に近く、理性によってコントロールすることが難しいからだ。そのため、食事の種類を「置き換える」ことを推奨する。

そこで筆者がおすすめしたいのは、白米が「主食」であるというマインドセットを変えるという方法だ。主食は白米であると思うからどうしても量を食べてしまうが、必ずしも白米が主食でなければいけないというルールはない。

白米の代わりに、玄米にするというのは最もシンプルな置き換え術だろう。前述のように、白米を玄米に置き換えることで、糖尿病のリスクが下がる可能性も示唆されている。アメリカでは、多くのレストランで白米と玄米を選ぶことができ、健康意識の高い人は玄米を選ぶようになってきている。

反応

まあ、普通に考えて白米もパスタも、ほかの食材に比べて比率多すぎなのは確かだよね。

白米食べて長生きした人がどれだけいるか
白米が原因で短命になった人を聞いたことがない


こんなニュース流して、農家の方々に恨みでもあるのかな。白米なんて100歳のおばあちゃんも毎日食べてるけど元気ですよ。

そんな無類の白米好きの日本人は世界的に長寿で有名
もしこれが本当なら日本人が白米を食べなくなったら更に突出して長生きするのか?


普段から玄米を食べる人は健康意識が高く、他の食生活面でも気を使ってるから糖尿病になりにくいという側面を省いている。

「米食わないと力でない」が迷信ってのは明らか。好きなものを否定する気はないが、固執するのはよくないと思う。長生きするかどうかはその人の生命力が9割以上で、肉や酒大好きで100歳まで生きてる人もいれば、健康的に生活しても30代で病死する人もいる。

まぁ、玄米が体に良いってのは俺が子どもの頃から言われている事だし、その頃に戻ればいいだけのような。