バイオショック





『バイオショック』新作が2K Gamesの極秘スタジオにて開発中との報道。『マフィア III』開発スタジオの内部事情調査より浮上 | AUTOMATON

海外メディアのKotakuは4月14日、独自の調査を元に『バイオショック』シリーズの新作が開発中であることを報告した。パブリッシャー2K Gamesによる公式発表ではないが、これまで豊富な情報網と地道な調査により数々のスクープを放ってきたJason Schreier記者のレポートは他社メディアからも情報源として信頼されており、IGN、PCGamer、GameInformer、Gamesutraなど海外メディアがこぞって報じている。

『バイオショック』新作のコードネームは「Parkside」。開発を担当しているのは「サンフランシスコに拠点を置く2K Gamesの極秘スタジオ」とされている。米国サンフランシスコと言えば『マフィア III』を手がけた2K Gamesの開発スタジオHanger 13の所在地でもある。そして「Parkside」の開発メンバーにはHanger 13の元スタッフも含まれているという。

なお『バイオショック』『バイオショック インフィニット』を開発したIrrational Gamesは大規模なレイオフを経て、2017年2月にGhost Story Gamesへと社名を変更。『バイオショック』フランチャイズを引っ張ってきたクリエイティブ・ディレクターKen Levine氏と共に2K Games傘下に残り、ストーリー重視の一人称視点ゲームを手がける小規模スタジオとして再スタートを切っている(関連記事)。『バイオショック』はその独特の世界観はもちろんのこと、Irrational Gamesが得意とするストーリーテリングにより支持を得てきたシリーズである。そんな彼らからバトンを引き継いだ極秘スタジオが、新作にてどのようなテーマに挑戦するのか、期待がかかる。


バイオショック新作となると話題を呼ぶでしょうが、完全新スタッフで過去作に匹敵する評価を獲得出来るのか?は興味深い。欧米は日本と違って「○○じゃないからダメ」とかじゃないからしっかり作り上げれば評価されるだろうけど。