「火垂るの墓」「となりのトトロ」










火垂るの墓 - Wikipedia

1945年(昭和20年)9月21日、清太は省線(現在のJR東海道本線(通称・JR神戸線))三ノ宮駅構内で衰弱死した。清太の所持品は錆びたドロップ缶。その中には妹・節子の小さな骨片が入っていた。駅員がドロップ缶を見つけ、無造作に草むらへ放り投げる。地面に落ちた缶からこぼれ落ちた遺骨のまわりに蛍がひとしきり飛び交い、やがて静まる。

『となりのトトロ』の時代設定 | 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

宮崎駿監督の『となりのトトロ』の時代設定は、昭和30年代初頭と語られることが多いですが、ほんとうは昭和28年(1953)の設定です。

反応

いやいやいや、これは辛すぎる ( ´;゚;∀;゚;)「トトロ」は夢があって明るい風景だけど、「ホタルの墓」は辛い (ToT) どちらも「平和への思い」が詰まった作品なんですけどね。( ノД`)…

「火垂るの墓」と対照になるように「となりのトトロ」が作られたという見方にハッとさせられた。

2つは1つの上映として成り立つものです。 宮崎さんも高畑勲さんも

同時上映って懐かしいなぁ。あと、上映毎に入れ替えじゃなかった時代に「逆襲のシャア」を2回連続で観たのは良い思い出。1回目は???だったというのもあるけど。