遠足





遠足におやつ「ダメ」 小学校、アレルギー対策で  :日本経済新聞

遠足でおやつの持参や交換を禁止する小学校が目立ち始めた。食物アレルギーのある児童が友達と交換したお菓子を食べてショック症状を起こせば命に関わるためだ。学校側が用意するケースもあるが、おやつ交換は遠足の楽しみの一つでもあり、児童や保護者に困惑も広がる。死亡事故などを受け、学校のアレルギー対策が進む中で遠足の「定番」が思わぬ余波を受けた。

「遠足へのおやつの持参を禁止します」。4月末に遠足を控えた東京都内のある公立小学校が3月に配布した「学校だより」の記載に、児童や保護者に戸惑いが広がった。

 児童同士でおやつを交換するなどし、食物アレルギーのある児童が原因食品を誤食する恐れがあるからだが、一部からは「遠足の楽しみがなくなる」と反発も。学校側は「アレルギーの子供が増えている」として理解を求めた。

反応

かなC。ところでお弁当はどうするのかしら。各自持参なら友達同士でおかず交換する子もいるだろうから、おやつだけ禁止してもあんま意味ないかもよ。

とうとう来たか ここまでって感じ( ̄O ̄;)。

万が一のときには責任がとれないから、その考えは理解ができます。 ですが、何事にも問題が起こらない社会というのは不健全ではないでしょうか。配慮されすぎた行為には矛盾を感じます。

問題解決力「ゼロ」のクズどもを教育現場から一掃せよ!

スーパーの試食コーナーでも、アレルギーある子供がうっかり食べると困るので、親と一緒じゃなければ食べさせない、って書いてあるね。

おやつ、交換しなくても、子供の距離感ってかなり近いから、重度には怖い。対策は有難い、でも自分の子供のせいかも。。の葛藤も痛いほど分かるなあ

バナナはオヤツじゃないから大丈夫だよね?