給与計算





経理女子が激白! 「他人の給料を知っている」ことで起こったトラブル3選 しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!

しらべぇ取材班は、都内の会社で経理部に配属している女性(20代)に話を聞いてみた。

①飲み会で他の人の給与を聞かれる
「会社の同期の女の子たちと飲み会をしたときに、ほぼ必ずと言っていいほど、彼女たちの部署の上司やお局様などの他人の給与額を聞かれます。

(中略)

面倒なので、『いつか退職したら、全部教えてあげるから楽しみにしてて!』と言って誤魔化していますね」

②他の子との格差を知ってしまう
「私も経理にいるとはいえただの人間なので、他人の給料を知ったせいで嫌な気持ちになることは多々ありますね。

③口を滑らせないように神経を使う
「過去に会社の忘年会で、『家のローンが大変だよ』というような話をした役職者がいたら、同じ経理の先輩が『あれだけ給料をもらっているんだから大丈夫ですよ』と発言。

酔っていたこともありポロっと言ってしまったんでしょうが、周りは空気が凍りましたね…。結局、その先輩は、翌年の新年度の配置換えで部署を変えられて減給になっていました。


ん、経理で他人の給料知ってる人ってそんなにおるか?給料計算は人事部門で、経理側でそれを把握できるのは企業全体の予算管理とかしている部門だと思うけど。まぁ中小企業はごっちゃになってるのかな。

おれも前職で給与や評価担当だったのでそれなりの苦労はあったような気もするけど、まず「知っていることすら匂わさない」のが最低限だと考えているので、記事女性の対応はちょっといただけない。他人から聞かれたら「僕じゃわかりませんので上司の○○に聞いてください」で逃げるべき。

「いつか退職したら、全部教えてあげるから楽しみにしてて」は論外、賞罰案件ですわ。