プッチンさん














元々は2016年のハロウィン限定商品




関連記事

プッチンプリンの“あの部分”が4本に!? 江崎グリコの小粋ないたずらが話題に! | GetNavi web ゲットナビ

もともとプッチンプリンは企画段階から遊び心にあふれていたことで有名。江崎グリコ公式サイトでは、商品化から現在に至るまでの道のりをマンガ化した「プリンに賭けろ!~プッチンプリン物語~」が掲載されているのだが、当初は社長から「プリンなんて売れるわけない」と否定されていたらしい。それでも開発者は諦めず、独自の仕掛けとして提案したものがあのツマミだったのだ。

ワンタッチでプッチンできるプリンを見た社長は、「お……おもしろい、すごくおもしろいじゃないかっ!」と商品化にGOサインを出したそう。ハロウィン仕様のプッチンプリンを見る限り、おいしいだけでなく楽しいプリンを目指す精神は現在も受け継がれているようだ。

反応

これって、よく見ると一つだけ付け根の部分が違うのでそれさえ分かってれば1発でいけたりしてしまうのです…

まじかよプッチンプリン。
お前そんなことするやつだったのか…


何、こういうのは全部やってしまえばいいだけの事だ!←オイ

プッツンプリン に改名だ…

こんなの見たことないけど、パッケージが通常になっているのでレギュラー商品化してるのね。