グランツーリスモ





20周年を迎えた「グランツーリスモ」シリーズが全世界累計実売8,040万本を突破! | PlayStation.Blog

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が発売するリアルドライビングシミュレーション「グランツーリスモ」シリーズは、2018年5月5日(土)時点でシリーズ全世界累計実売が8,040万本を突破しました。


と言う事で「グランツーリスモ」シリーズ累計が8040万本突破と発表されましたが、ポリフォニーデジタル公式のサイト内容が大きく変更され、今まで表記されていた作品毎の売上げ実績が削除されています。

「グランツーリスモ スポーツ」発売1年ちょっと前の2016年8月時点ではこんな感じ



この時点で7679万本とありますので、単純に引き算すると361万本になります。「GTスポーツ」は累計350万本前後といったところでしょうかね。

GTシリーズは前作GT6で大きく売上げを落としてしまいました。2017年10月にPS4で発売されたGTスポーツはクルマのモデリングに拘り、競技要素を強化しています。しかし、ナンバリング作品と比べると収録車数が激減し、しかもレーシングカーや超高級車に絞られている事もあって従来のファンから批判の声もあります。

次の「グランツーリスモ」が「GT7」になるのか「スポーツ2」になるのかは判りませんが、スポーツ路線を継承するなら以前のような売上げは見込めないかもですね。