多様性











多様性 - Wikipedia



反応

無理矢理「分かり合おう」とすると、むしろ多様性から遠ざかり画一化に向かう 「別に分かり合えなくてもいいよね」と、良い意味で妥協する許容性が必要となる

理解し合うことを「同じ価値観を共有し合う」ことと勘違いしてる人が多いですよね。本来ならば「あなたの言っていることを理解はできるが、賛同はできない」状態をシェアし合えてこそピースフルな状態がキープできるというか。日本には村八分の恐怖が根深くてなかなか難しいという…精神的田舎者状態

本当の多様性っていうのは。個性を認め合うことだと思います。 「違い」=「個性」なはずです。 「みんなとわかり合いたい」っていう気持ちも「関わらなくていい」という想いも「個性」なはずなんです。 いわゆる普通の人は。「相手の個性を否定している」ってことに気付けないんでしょうね。

激しく同意します。それができれば、いじめもなくなる。

これができないと、特定の集団に「パブリックエネミー」とレッテル付けして攻撃するようになります。

英語の議論では"I agree to disagree"(お互いの意見が不一致な事には同意します)というのをよく耳にします。

凄く的を射た発言。 でも以前どこかで見た

相手を否定するのって疲れるだけなんでやらない。